今までに味わったことのない新しい驚きを
グリロジー バー&グリル アラカルトメニュー

  • 今までに味わったことのない新しい驚きをグリロジー バー&グリル アラカルトメニュー
  • 今までに味わったことのない新しい驚きをグリロジー バー&グリル アラカルトメニュー
  • 今までに味わったことのない新しい驚きをグリロジー バー&グリル アラカルトメニュー
今までに味わったことのない新しい驚きをグリロジー バー&グリル アラカルトメニュー

ニューアラカルトメニュー誕生!
「グリル」をより体感できるアラカルトメニューを一新。
気温や湿度、窓の外の風景やフィーリングまで取り込んだ料理を提供することをモットーに、シンプルだからこそ奥深いグリル料理をシェフの多彩なテクニックとプレゼンテーションで魅了します。

メニュー一例

TOMATO CAPRESE トマトカプレーゼ 2,000円

ブラータチーズをトマトコンフィと豆腐のマスカルポーネチーズにのせた一品と、オーブンで焼き上げたイタリア産水牛のモッツアレラチーズをトマトの中に入れた、冷製と温製カプレーゼの2種。 トマトを丸ごと食べる、新感覚が味わえる。

 

SEAFOOD CEVICHE TOWER シーフード セビーチェタワー 3,800円

ラテンアメリカで食べられるスパイシーな魚介類のマリネ「セビーチェ」をグリロジー風にアレンジ。 炭火で炙ったガーリックとチリのスパイスがアクセントのオマールや、青さ海苔で風味をつけてマリネしたサーモンを始め、ひとつひとつ丁寧に味付けした魚介が絶品。 和風、サルサ、魚の白身をミキサーにかけて作る伝統的なペルーのヴィネグレットソースと共に。

 

SEARED SCALLOP AND SPICY OX TAIL WITH SMOKED HERB FLAVOR
炙り帆立とスパイシーオックステール 香草の香り 2,400円

チリスパイス3種をかけて乾燥させて臭みを取ったオックステールと、炙ったカニとホタテにウニを載せたサラダ。 ドライアイスにハーブティーを注ぎ、香りとともに楽しむ斬新なプレゼンテーションも面白い。

 

GRILLED ROCKFISH FROM TOKYO BAY 東京湾産カサゴのグリル 3,300円

東京湾で採れたカサゴにトマトビネグレットとレモンの皮、ハーブなどのスパイスをまぶして豪快に炭火焼きに。 ふわふわの白身とカリッとした食感が素朴で味わい深い。 ラディッキオをカサゴの背びれに見立てた盛り付けも楽しい一皿。

 

GRILLED CHICKEN BREAST チキンとつくねのグリル 雲丹添え 3,000円

シェフが独自に配合した自家製のつくねに、たまごの代わりに雲丹を載せて。一口食べれば、なめらかな雲丹の味と絶妙な塩加減、少し歯ごたえのあるつくねの香ばしい味が口に広がる。 直火焼きしたチキンブレストと共に、鶏づくしの一品を楽しんで。

 

苺と黒米のオペラ バラの香るメレンゲ 1,200円

もちもちとした赤米とイチゴのバタークリームの新食感を楽しめる華々しいデザート。ブルガリアローズの香りを練りこんで焼き上げたバラのメレンゲの香りと一緒にお楽しみください。

 

ハチミツと和三盆のブラマンジェ、レモンゼリー、パイナップルとローズマリーアイス 1,200円

はちみつ、和三盆、アーモンドを煮立て作ったブランマンジェに、グミのような触感を楽しめるレモンゼリーと、さっぱりとしたパイナップルとローズマリーのアイス、ホワイトチョコのムースを添えています。はちの巣をイメージしたメレンゲが可愛らしいデザートです。

 

抹茶のホワイトチョコムース 2層のプラリネショコラ黒ゴマクリーム ミルクアイス 1,800円

皿の上に日本庭園を髣髴させるような優雅なアレンジ。自家製のアーモンドプラリネの上に抹茶とホワイトチョコレートのムースを添え、抹茶のチュイールを添えています。黒ゴマのクリームと、チョコレートの酸味のきいた黒ゴマのマカロン。ミルクチョコアイスクリームと、マスカルポーネのソースと合わせてお楽しみください。

 

その他多数のメニューがリニューアルしております。詳しくはこちら>>

※表示金額には別途税金サービス料が加算されます。
※食物アレルギーのあるお客様は、スタッフにお問合せください。
※写真はイメージです。

ご予約・お問い合わせ

レストラン総合案内 TEL:03-5500-5580 (平日10:00~21:30 土日祝9:00~21:30) 

宿泊予約システム移行のお知らせ

2017年8月1日(火)より、宿泊予約オンラインシステムを変更させていただくこととなりました。つきましては、新システム移行に伴い、現在ご利用いただいておりますお客様には、大変ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

詳しくはこちら

Page Top

sp