日本料理「さくら」鉄板焼カウンター
季節のディナープラン

  • 日本料理「さくら」鉄板焼カウンター 季節のディナープラン
  • 日本料理「さくら」鉄板焼カウンター 季節のディナープラン
  • 日本料理「さくら」鉄板焼カウンター 季節のディナープラン
日本料理「さくら」鉄板焼カウンター 季節のディナープラン

ダイナミックなシェフの卓越したパフォーマンスと共に日本各地の銘柄牛や鮑や伊勢海老などの厳選した海の幸をお楽しみいただけます。


■ 日本各地・和牛紹介「伏見」コース~20時半以降の予約でご優待あり!~
■ 西陣コース
■ 聚楽コース

時間 17:30~21:30

日本各地・和牛紹介「伏見」コース 23,000円

季節ごとにテーマを変えて日本各地の銘柄をお楽しみいただけます。
なお、月~木曜日の20時半以降だとお得にご予約が可能!
時間をずらしてゆっくりと。優雅にリーズナブルにディナータイムを楽しんではいかが。

5・6月「宮崎牛」23,000円  ※20:30以降の月~木曜日のご予約で18,000円に!

宮崎県内で生まれ飼育された黒毛和種のうち、日本食肉格付協会の格付け検査において肉質等級が「4等級・5等級」にランクされた2種のみが名乗れる「宮崎牛」の称号。 その肉質は、肉そのものの締りが良く、均等に霜降りがあり、コクのある風味が特徴的です。 旬のホワイトアスパラガスや鮑などとともに贅沢なメニューをご堪能ください。

期間 2018年5月8日(火)~7月1日(日)
メニュー
  • シェーブルチーズのハニーブリュレ
  • 白海老とゴールデンキウイのタルタル フレンチキャビア添え
  • ホワイトアスパラの鉄板焼き 温泉卵とアンチョビの香りで
  • フォアグラの鉄板焼き 青豆マッシュと初夏の野菜
  • 鮑の鉄板焼き モリーユ茸のクリームソース 香り立つ炙り雲丹と共に
  • グリーンサラダ
  • 宮崎牛A5サーロイン 80g 大江戸コンディメント
  • 浅利と枝豆 十八穀米の炊き込みご飯、赤出汁、香の物
  • 水菓子
 


 

7・8月「米沢牛」23,000円  ※20:30以降の月~木曜日のご予約で18,000円に!

日本三大和牛のひとつ「米沢牛」。きめ細かな霜降りである脂の質は最高級で、人肌程度の温度でとろけだし、 うまみのある香りが鼻を通っていくのが特徴です。夏のシーズンはフォアグラ、鮑、雲丹の豪華食材と共に、 旬の稚鮎のコンフィや鉄板の上で仕上げる鰻ご飯をお楽しみいただけます。

期間 2018年7月2日(月)~8月31日(金)
メニュー
  • スカモルツァチーズと夏野菜の一口グラタン
  • 稚鮎のコンフィ グリーンガスパチョソース
  • 岩牡蠣とフォアグラのロッシーニ風
  • 鮑の鉄板焼き 雲丹香るバターソース
  • グリーンサラダ
  • 米沢牛A5サーロイン 80g
  • 大江戸コンディメント
  • 鰻と新ごぼうのご飯
  • 赤出汁、香の物
  • 水菓子
 


 

西陣コース  13,000円

  • アミューズ
  • 白海老のタルタル そら豆胡麻豆腐
  • 伊佐木と帆立貝の鉄板焼き 初夏の野菜のトマトソースとバターソイソース
    (追加料金にて活オマール海老半身、活鮑 110g、活 伊勢海老半身をお選びいただけます)
  • グリーンサラダ
  • 黒毛和牛A4サーロイン 又は フィレ 100g
  • ガーリックライス
  • 赤出汁 香の物
  • 氷菓子
 


 

聚楽コース  18,000円

  • アミューズ
  • 鮪のお刺身 白海老のタルタル、そら豆胡麻豆腐
    又は
    和牛と袋茸のスープ 胡麻風味
  • とうもろこしのガレットとフォアグラの鉄板焼き ガストリックソース
  • オマール海老の鉄板焼き 和風サンバルソース
  • 焼き野菜(新玉葱 新じゃがと生麩)
  • グリーンサラダ
  • 黒毛和牛A4サーロイン 又は フィレ 80g
    (追加料金にて宮崎牛サーロイン や 神戸牛サーロイン をお選びいただけます)
  • ガーリックライス
  • 赤出汁 香の物
  • 氷菓子
 


 

※表示料金に別途税金とサービス料が加算されます。
※表記内容は変更になる場合もございます。予めご了承ください。
※食物アレルギーのあるお客様は、スタッフにお問い合わせください。

ご予約・お問合せ

レストラン総合案内 TEL:03-5500-5580 (平日10:00~21:30 土日祝9:00~21:30)

宿泊予約システム移行のお知らせ

2017年8月1日(火)より、宿泊予約オンラインシステムを変更させていただくこととなりました。つきましては、新システム移行に伴い、現在ご利用いただいておりますお客様には、大変ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

詳しくはこちら

Page Top

sp